髪の悩みを解決するために…。カフェイン無しのルイボスティーで美髪に!

皆さんは普段、どのような飲み物を摂取しているでしょうか?

普通に生活している方は、お茶やお水。子供さんは加えてジュースに、夜遅く働く方はコーヒー等でしょうか。

今回は、数あまたあるお茶の中でも「ルイボスティー」についてご紹介したいと思います。

「ルイボスティー」は抗ウィルス作用があるのではないかと近年注目されています。

昨今の実験ではエイズウィルスなどにも効果がみられたようです。これはかなりすごいお茶なのではないでしょうか。

ルイボスティーとは?

南アフリカなどで栽培されているマメ科の植物です。

ルイボスティーにはカフェインが入っていませんので、カフェインが苦手な方や妊婦さんや授乳中の女性などにもオススメです。

コーヒーなどは夜に飲むと目が覚めて眠れないようなこともあるかもしれませんが、カフェインが入っていないこのお茶なら夜、または眠れない時にも飲めますね。

また、ルイボスティーはミネラルが豊富に含まれており活性酸素を抑えるような作用も期待できます。アンチエイジングや細胞を若返らせるような効果も期待できるとのことで、別名「若返りのお茶」と呼ばれています。

このようにさまざまな効果が期待できる「ルイボスティー」ですが、飲むだけではなく、今回はヘアケアに使用できる方法をお教えします。

ルイボスティーで作るヘアケア水

材料

  • ルイボスティーの茶葉 大さじ1
  • グリセリン      小さじ1
  • 精製水        50ml
  • 水道水        450ml

用意するもの

  • 茶こし
  • 消毒した密閉容器

  1. 水道水が沸騰したところにルイボスティーの茶葉大さじ1を入れて弱火で10~15分ほど煮出しましょう。
  2. 茶こしでこして常温になるまで冷まします。
  3. 熱湯消毒した密閉容器に、冷ましたルイボスティー、グリセリン小さじ1、精製水を入れで良く混ぜます。
  4. 冷暗所で保存しましょう。使うときにはお好みで、スプレー容器などにうつして使っても良いでしょう。

使用法

シャンプー後の清潔にした髪の毛に使います。ドライヤーで乾かす前に、このヘアケアウォーター適量を手に取って、地肌や髪につけましょう。

頭皮を軽くマッサージしながらなじませていきましょう。

使用前に、前もって二の腕の内側などの目立たないところでパッチテストを行いましょう。

稀に肌に合わない人もいますので合わない場合は、無理をせず、意地ははらず、使わないように注意しましょう。

また、ルイボスティーは着色しやすいので、洋服につかないように気を付けながら使うようにして下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする