痩せているのに、不格好。もしかしてお尻の大きさが原因かもお尻痩せに効くエクササイズ教えます!

体重の数値は、太っていない、むしろ痩せているのに、なぜか体型がすらりとしていない…

心当たりがありませんか?もしかしたらそれは、部分太りのせいかもしれません!

お腹まわりや、二の腕、太ももと部分太りしやすいポイントはたくさんあります。

中でもお尻に悩みを持っている方はかなり多いのではないでしょうか?

海外ではセクシーとされていますが、私たちの周りでは、いくら他のパーツが細くすっきりしていても、お尻が大きかったり垂れ下がっていたりしたら全体のスタイルが台無しと受け取られてしまいます。

ヒップサイズの理想としては、身長×0.53の数値がバランスのいいお尻のサイズとされてします。

身長150cmならば、160×0.53=79.5センチ程度が理想のお尻のサイズということになります。

適度に引き締まった美しいヒップを手に入れるためには、通常の体重を落とすダイエットではあまり効果がありません。

部分的に脂肪を落とし、適度な筋肉をつけて引き締める部分やせが必要となってきます。

全体やせとは違い、なかなか効果が出にくいのも部分やせダイエットの特徴です。

部分やせにはカロリー制限などの食事療法よりも、エクササイズやストレッチのような痩せたいパーツを直接刺激するような運動が向いているといわれています。

お尻やせダイエットに効果的なストレッチには、次のようなものがあります。

お尻痩せダイエットに効果的なストレッチ

1.お尻歩き

足を伸ばしたまま座り、そのまま足を曲げないようにお尻だけで前に歩く運動です。

ある程度歩いたら、次は後退します。

一見簡単そうに思えますが、実際にやってみると終わった後にお尻の筋肉が疲れたような実感があると思います。

筋力が衰えて垂れ下がったお尻や大きなお尻に効果があります。

2.足組み

  1. 仰向けに寝た状態で、左足だけ曲げる。床と垂直になるようにする。
  2. 曲げた左足の上に右足を組む。
  3. 組んだままで、腰を少し持ち上げる。この姿勢を10秒保つ。
  4. 腰を元に戻して、左右を逆にしてもう一度。

慣れないうちは少し腰を持ち上げるだけでもしんどいかもしれません。

柔らかい布団の上などでやるのがおすすめです。

3.足上げ運動

  1. 肩幅に開いた両手を壁について立つ。
  2. 右足をゆっくりと後ろに上げる。ひざは曲げずに、太ももから上げるのを意識する。
  3. これ以上は無理という高さまで上げたら、そこで5秒キープする。
  4. ゆっくりと足を下ろし、次は左足で同じように。

左右3回ずつが目安です。

慣れてきたら、回数やキープする時間を上げていくと良いでしょう。

これらのエクササイズは、どれもお家で手軽に出来るものばかりです。

テレビを見ながら、音楽を聴きながらでもいいので、毎日続けて美しいヒップを手に入れましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする