日本酒好きには美肌が多い!?日本酒化粧品が持つ効果とは!

突然ですが、日本酒を飲んだ経験はありますか?

いくら20歳を超えているからといって、全ての人がYESと答えるわけはありませんよね。

独独な風味や香りが…そもそもアルコールが強すぎて苦手という方もいますよね。

そんな酒蔵によって異なる独特な風味と香りを持つ日本酒ですが、好きな人にとっては日本食だけでなく多くの食品との相性が抜群で最高のお酒と言えます。

そんな日本酒ですが、実は化粧人にも使用されています。

驚いた方を多いとは思いますが、紹介して興味を持ったら是非使ってみてくださいね!それではご紹介いたします。

日本酒化粧品の効果は?

そもそも何故日本酒を化粧品として利用するのでしょうか?

その理由は、日本酒に含まれている3つの効果に隠されています。

肌に良い3つの効果

1.コウジ酸

一般的にシミは酵素チロシナーゼというものが放置されると、活性化し黒色メラニンとなり、シミとなって皆さんの肌を痛めつけます。

しかし、このコウジ酸は肌に入ると、一目散にシミを発生させる酵素「酵素チロシナーゼ」の元へ駆けつけ、その働きを抑制します。

またお肌の老化の原因となっている、お肌の「糖化」を防ぐ効果を持っていますのでアンチエイジングとしても効果が期待できるでしょう。

2.フェルラ酸

この成分はコウジ酸同様にメラニン色素の抑制効果を持っています。

ですがその効果だけでなく、もともとポリフェノールの一種ですので強い抗酸化作用を持っているのです。つまり、シミを抑制しつつお肌の細胞を活性酸素から守り老化を防いでくれます!

3.保湿効果

日本酒にはアミノ酸やミネラルが豊富に含まれています。

これはお肌との相性も良く、お肌の表面で止められることなく奥の奥まで入り込んでくれます。そのためお肌の奥から保湿、お肌の表面も保湿と言うように、内側と外側から保湿できるのです。

このように日本酒はお肌に対して効果的な成分を大量に含んでいます。

どのような化粧品が?

では実際にどのような化粧品が発売されているかを紹介していきます。

日本酒を利用した化粧品が発売された当初は化粧水だけでした。

しかし今では「メイク落とし」「洗顔料」「乳液」「クリアジェル」のように幅広いラインナップを揃えています!

あるメーカーでは、お風呂でも綺麗になろう!と言う事で日本酒を利用した入浴剤まで発売されています!

もちろん、コスメや入浴剤に日本酒にある独特なにおいはしませんので安心して利用できます。

それに、値段も1000円~2000円と言う価格設定が多いので「試しに使ってみようかな?」と手軽に手を出せるのも魅力的です!

最後になりますが、日本酒はただ飲むだけではなく日本酒に含まれている成分を活用した化粧品も販売されています。前述で紹介したようにお肌への効果が期待できる成分を含んでいますので、是非とも試していただきたいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする